Showcase Gigが仙台拠点を開設 地方自治体との連携は初

 モバイルオーダープラットフォーム「O:der(オーダー)」を開発・提供する株式会社 Showcase Gig(東京都)は、11月28日、東北地方でのIT活用促進と雇用創出を目的に、仙台市内に拠点を設立することを発表した。同社としては初の地方拠点となる。

 

2018年11月28日立地表明式にて左からShowcase Gig 代表取締役 新田剛史氏、仙台市長 郡和子氏、Showcase Gig 取締役CTO  石亀憲氏

 仙台市では現在、ITをはじめとする多様な産業の創出に力を入れており、平成20年から29年までの累計で、143件の市内立地が実現し、8,000人を超える雇用が産まれている一方、「若手人材の首都圏流出」「雇用受け入れとなる先進企業の誘致」などが課題となっている。

 

 同社は、「O:der」を仙台市をはじめとした東北地方に広げることで実店舗の利便性向上・省人化支援に努めるほか、次世代の人材育成の拠点として若手人材の雇用創出の受け皿となるべく、仙台市内に拠点の開設を決めたという。これにより、東北地方における若手IT人材の輩出や企業誘致の促進などの効果を見込んでいる。

 

 今後同社は、仙台支社拠点で「O:der」および省人化店舗を中心とした開発を強化しつつ、仙台でデジタルを活用したイベント企画・運営を手掛ける同社子会社の borderact株式会社と連携し、東北エリアの飲食・小売店への「O:der」導入や販促活動を進めていく方針。その第1弾として、全国に18店舗を展開する牛たん焼専門店『味の牛たん喜助』のJR仙台駅店で、2019年1月から「O:der」導入の実証実験を開始する予定だ。

 

 同店舗は仙台駅直結の『牛たん通り』内にあり、連日観光客などで賑わう一方、行列による混雑と長い待ち時間が課題となっている。今回の実証実験では、「O:der」のスマートフォンアプリから同店舗のお弁当の注文と決済を済ませることで、店頭で待つことなく弁当の受け取りとキャッシュレス会計が可能になる。また、店舗側でも電話や口頭による注文受付のオペレーションと会計業務の負荷を削減できるため、店舗スタッフの省人化が図れるだけでなく、接客品質の向上や人件費削減と回転率向上による売り上げ効果が見込めるという。

 

 「O:der」は、スマートフォンを用いて来店前に商品を注文・決済できるアプリ。「O:der」を利用すれば、時間指定で商品をテイクアウトできるほか、自動で店舗ごとのデジタルスタンプが付与され、貯まるとクーポン等と交換できる。同アプリは昨年、仙台市で開催された「ジョジョフェス in S市杜王町 2017」に採用され、展示会の順番待ちや店舗でのオーダーに活用された実績がある。

 

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000010347.html