• HOME
  • IT・テクノロジー
  • 会津大発ベンチャーのシンク、福島の飲食店・宿泊施設向け先払いクーポン販売サービスを開始 コロナ不況対策として

会津大発ベンチャーのシンク、福島の飲食店・宿泊施設向け先払いクーポン販売サービスを開始 コロナ不況対策として

 地域向けICTソリューション等を提供する株式会社シンク(福島県会津若松市)は2日、福島県内の飲食店・宿泊施設の支援を目的としたクーポンサービス「ふくしま先腹(ばら)い応援団」の提供を開始すると発表した。

 「ふくしま先腹い応援団」は、同社が運営する専用ウェブサイトを通して、福島県内の各飲食店・宿泊施設で利用できるお得なeチケット「ふくしま券」を購入できるサービス。入金が確認されるとクーポンの利用を待たずに売上金が各店・施設に支払われる仕組みで、新型コロナウイルスの蔓延によって大きな打撃を受けている県内の飲食店・宿泊施設の事業継続を支援する目的で提供を始めたという。

 クーポンの有効期限は1年で、新型コロナウイルスの影響の収束や安全確保が十分と判断できた段階で利用できる。購入時の決済方法はクレジットカードのみ。利用時は対象のお店への電話予約が必要となる。売上金は先に飲食店や宿泊施設に支払われているため、返金や有効期限の延長には対応できないという。同社は、サービスの趣旨を理解した上で利用してほしいとしている。

■ふくしま先腹(ばら)い応援団
https://www.fukushimaken.online/

ピックアップ記事

関連記事一覧