• HOME
  • IT・テクノロジー
  • 東北大発スタートアップのAZUL Energy(アジュールエナジー)シードラウンドで6,000万円の資金調達を実施

東北大発スタートアップのAZUL Energy(アジュールエナジー)シードラウンドで6,000万円の資金調達を実施

 東北大学発スタートアップであり、次世代エネルギーデバイス関連製品の開発を行うAZUL Energy(アジュールエナジー)株式会社(宮城県仙台市)は、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(京都府京都市)と株式会社MAKOTOキャピタル(宮城県仙台市)、および個人投資家を引受先とするシードラウンドでの6,000万円の資金調達を実施した。

 2019年7月に創業したAZUL Energyは、東北大学材料科学高等研究所(AIMR)にて開発された、次世代バッテリーとして期待される金属空気電池や燃料電池に不可欠な高活性の非白金系酸素還元反応触媒電極材料である「AZUL触媒」の実用化を目指す東北大学発スタートアップ。従来、高活性の酸素還元反応用の触媒としては、白金等の貴金属触媒が用いられていたが、AZUL触媒は、高価で資源制約のある白金等のレアメタルや有害な重金属を全く使用しないため、低コスト化が可能。かつ、安全性が高いという特長がある。

 今回調達した資金の使途は、「AZUL触媒」の量産化技術の研究開発資金および設備投資に充当する予定。また、金属空気電池、燃料電池各用途での「AZUL触媒」の実証に向けたサンプル提供も更に積極的に進めていくとのこと。

 「AZUL触媒」の実用化によるレアメタルに依存しない環境配慮型の高性能電池の社会実装を通して、エコで快適な新しいライフスタイルの提案により、IoT社会、低炭素社会、循環型社会の実現に貢献していくとしている。

ピックアップ記事

関連記事一覧