• HOME
  • 企画・コラム , 地方創生
  • 【宮城】Go To Travelキャンペーン受入はじまる!仙台藩主伊達政宗公 ゆかりの湯「伝承千年の宿 佐勘」がwithコロナ時代のニーズを追う!!

【宮城】Go To Travelキャンペーン受入はじまる!仙台藩主伊達政宗公 ゆかりの湯「伝承千年の宿 佐勘」がwithコロナ時代のニーズを追う!!

7/22(水)より、国内観光需要喚起を目的とした「Go To Travelキャンペーン」がスタートした。夏休みやシルバーウィークなどの連休が控える中、宮城県を代表する湯守「伝承千年の宿 佐勘」(宮城県仙台市)は、中世より守り続けてきた ”心の原点に触れるおもてなし” を残しながら、withコロナ時代のニーズを捉え、新たなサービスの実現を目指す。


 昭和63年に「株式会社ホテル佐勘(以下 佐勘)」へ入社した34代目当主の佐藤 勘三郎氏。産業としての旅館業を定着させようと、健康・美・寛ぎ・癒しを発信する新しいアプローチで旅館づくりを行ないながら、アクティビティなど観光業という大きなカテゴリーに温泉宿が介入することで、温泉地の目的地化を目指している。

34代目 佐藤 勘三郎 氏(59)

新型コロナウイルスの影響と対策

 2020年1月に発症が確認された“新型コロナウイルス”の影響は、観光・旅館業にも及んでいる。その中で国と各県から発表された「Go To Travelキャンペーン」だが、キャンペーン当日に団体客が対象外になることが発表されるなど、事業者のみならず、利用者も困惑している。例年は平日の4割を県内利用者が占めていた佐勘だが、今年の県内利用客は半減。4月22日〜26日の連休は県外利用客が多く、お盆期間での増加も見込んでいる。「キャンペーンはうれしいけれど、一過性のお祭りだと捉えています。足腰をしっかり構えなくてはならないと思います」と佐藤氏。その一方で、松島佐勘 松庵(宮城県松島市)の利用率は110%となっていることから、利用客がコロナ対策として規模が小さく、キャンペーン利用で高級宿を利用する傾向が見られる。また、以前よりインバウンドの受入が難しい東北だったが、バンコク(タイ)を中心に震災後は増加していた。しかし今回のコロナ騒動によってまたその歩みは止まっているため、こちらの回復も求められている。

コロナ対策の一例

 感染拡大から半年、これからは新しい生活様式を伴う “Withコロナ時代” となり、旅館のサービスにも変化が現れてきている。佐勘では、玄関口でのサーモカメラによる体温チェックとアルコール消毒、マスク着用の徹底、受付や売店は人が接近する箇所にアクリル板の設置がされている。また、浴室のかけ湯の休止や入浴時間の短縮など、利用客の協力も必要不可欠で、一人一人が感染対策を心がけることが何よりも大切だ。朝食会場でも感染対策として、出入口が開放され、席につくとトング用のビニール手袋が配布される。そして、食事とケータリングスペースの間にはこれまでもカーテンで仕切りがされていたが、設置高を天井近くまであげるなど飛沫予防も徹底されていた。もちろん、個室での朝食対応も行なう予定だったが、佐勘名物「プレミアムモーニング」を楽しみにする声も多く、ビュッフェスタイルを続けている。実は料理好きな佐藤氏。朝夕の献立にはそんな佐藤氏の意向が詰まっている。また、300名もの従業員が在籍している佐勘で、情報共有や意見交換を目的として発行されてきた社内フリーペーパー「勘三郎コミュニケーションズ」。休業を余儀無くされている従業員とも情報をダイレクトに把握できるよう、4月からインターネット共有をはじめ、従業員の不安払拭にも力を注いでいる。

朝食会場のテーブルも1.5mのソーシャルディスタンスが取られている

Withコロナ時代への準備がはじまる

 これからのwithコロナ時代に求められる新サービスについて、佐藤氏は「時間消費を長く取ってもらい満足感が得られる ”おもてなし” が重要になってきています。ニーズは大きく分けて、観光やイベント感を楽しみたいものと温泉や家族時間を満喫するものの2つで、佐勘ではそうしたお客様の声を予約時にキャッチアップできるよう選択肢の準備を進めています。そして、お客様の可動域を低価格かつ利便性を兼ね備えた、着地型観光実現のためにMaaS(3次交通の普及)も推奨していきたいです」と話す。現在、佐勘の中庭はライトアップとともに音楽が流れる演出が楽しめるほか、秋保ワインも愉しめる「ワインバー くら倉」も営業が再開。「ラウンジ おかみの紅茶」やコンセプトカフェ「神は細部に宿る」の復活を心待ちにしている利用者も多い。コンセプトカフェでは、勘三郎コレクション(歌謡曲や洋楽を中心としたレコード300枚以上)の中から曲をリクエストでき、ネルドリップのコーヒーを飲みながら滞在することができる。

【プロフィール】
株式会社 ホテル佐勘
開湯は飛鳥期。平安期に創業し、祖代は秋保の地で湯守と山守・川守となって、領内支配の一翼を担っていたが、徳川初期仙台藩主・伊達政宗公の湯浴御殿の湯守職となり、現在34代に及ぶ。
引用:ホテル佐勘ホームページ

<伝承千年の宿 佐勘公式サイト>
https://www.hotel-sakan.com

<国土交通省 観光庁> Go To トラベル事業関連情報
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page01_000637.html
観光可動域拡大のAIオンデマンド交通
https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo12_hh_000185.html
【LocalBook編集部後記】
Go To Travelキャンペーンは、コロナ感染や予算などで問題視される声も多くありますが、これからもコロナだけではなく、新たな感染症も出てくるでしょう。その時、私たちに必要なことはそれぞれの立場でできることを実践し、対応していきながら、楽しく乗り切っていく姿勢が大切なのだと思います。ホテル 佐勘では、少し先の未来に向けて、withコロナ時代の多目的な湯治サービスがはじまろうとしていた。(ライター:太田和美)

ピックアップ記事

関連記事一覧