• HOME
  • IT・テクノロジー
  • アイリッジが福島県会津東山温泉の老舗旅館 「いろりの宿 芦名」へ開発支援!小規模旅館でも低コストで英語・中国語接客に対応できる音声AIフロントコンシェルジュサービスが実現

アイリッジが福島県会津東山温泉の老舗旅館 「いろりの宿 芦名」へ開発支援!小規模旅館でも低コストで英語・中国語接客に対応できる音声AIフロントコンシェルジュサービスが実現

 株式会社アイリッジ(東京都港区)は、提供するAlexaスキル開発運用クラウド「NOID(ノイド)」※1を活用し、福島県会津東山温泉の老舗旅館「いろりの宿 芦名」の音声AIフロントコンシェルジュサービス(以下「あしな」)を開発支援したと公表した。

アイリッジが福島県会津東山温泉の老舗旅館 「いろりの宿 芦名」へ開発支援!小規模旅館でも低コストで英語・中国語接客に対応できる音声AIフロントコンシェルジュサービスが実現 製品イメージ

 背景にあるのは、東北地方の外国人宿泊者数の増加。昨年は過去最高の121万人泊を上回り、福島県に関しては伸び率全国2位(前年同期比+184.6%)を記録している。また、一方で外国人観光客に対応できる人材が少ないという課題もあり、これまでは優先度やコストの問題からなかなか対応が進まない状況があったという。

 「あしな」導入の目的は、小規模旅館が低コストで英語・中国語の接客に対応できることや、必要事項の説明を確実に行いトラブルを未然に防ぐ体制を整えること。また、会津の魅力である日本酒の飲み方や温泉の入り方、武家の歴史案内などおもてなしの要素も取り入れ、福島への年間外国人観光客来訪数のピークを迎える10月から11月にかけて、より満足度の高い体験の提供を目指すとしている。

 今後は「いろりの宿 芦名」では「あしな」接客補助限定プランも用意し、「あしな」の接客補助に予め同意のある方限定で、期間限定での素泊まりや遅めチェックインの格安プランを提供するとしている。

■「あしな」について
 「いろりの宿 芦名」のフロントに置かれたAmazonのスマートスピーカーに話しかけることで利用でき、チェックイン手続きや施設情報、観光情報、バスやタクシーの時刻表などに対応している。英語や中国語での案内が必要な方に接客する際、旅館のスタッフが伝えたいことを話しかけると指定した言語で「あしな」が代わりに説明する。また、夕方以降など、スタッフが料理の配膳や食事会場での接客に集中しフロントが手薄になりがちなタイミングや、スタッフとの密なコミュニケーションを望まれないお客さまが直接使用されるシーンも想定している。

■接客補助限定プランについて
プラン名:【超直前割】楽天限定♪ビジネスの方におすすめ!見つけたらラッキーのほったらかし温泉プラン(素泊まり)
実施期間:2019年09月15日(日)〜2020年01月31日(金)
詳細:楽天トラベル「いろりの宿 芦名」
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/5887/5887.html

※1 Alexaスキル開発運用クラウド「NOID(ノイド)」とは
NOIDは株式会社アイリッジが提供する、プログラミング不要で簡単にAlexaスキルが作れるクラウドサービス。

Alexaスキルとは
 Alexaスキルとは、Amazon社のスマートスピーカー「Echo」シリーズ等で動くアプリを指し、スマホアプリと同様、サードパーティーの事業者や個人が開発・制作することができる。作成したAlexaスキルは、Amazon側の審査を通過するとAmazon Alexaスキルストアに公開され、Alexaを搭載したデバイスに「アレクサ、(作成したスキル名)を起動して」などと呼びかけて使えるようになる。

ピックアップ記事

関連記事一覧