• HOME
  • 地方創生
  • 地方農家の人手不足を支援!人材派遣業界初のオフライン求人マッチング「シェアジョブ農家さん相談弘前店」が始動

地方農家の人手不足を支援!人材派遣業界初のオフライン求人マッチング「シェアジョブ農家さん相談弘前店」が始動

 株式会社エントリー(東京都新宿区)が、地方農家の人手不足解消を目的とした農家向け相談窓口「シェアジョブ農家さんご相談支店」を始動させた。株式会社エントリーは、“人と仕事の縁むすびに挑戦し続ける”を企業理念に、主にお仕事紹介サイト「スマジョブ」やお仕事マッチングサービス「シェアジョブ」を運営している企業。「シェアジョブ農家さんご相談支店」第1号店として、「シェアジョブ農家さん相談弘前店」(青森県弘前市)が8月26日(金)にオープンした。

 現在、日本の農業は人手不足が大きな課題となっている。エントリーは農家の仕事をマッチングするサービス「シェアジョブ農家」により、農家の人手不足解消を支援してきた。しかし、高齢化が進み、日常的にインターネットを使わない農家も多い。特に地方はその傾向が顕著で、「シェアジョブ農家」を利用できる農家も少ないと見込まれている。一方で、大雨や台風といった自然災害の増加により、人手不足解消はさらに重要課題となっている。インターネット利用に不慣れな地方の農家を支援すべく始動したのが「シェアジョブ農家さん相談支店」だ。

 「シェアジョブ農家さん相談弘前支店」では、農作業を手伝ってほしい農家からの求人依頼を直接受け付ける。オフラインでのマッチングは、シェアジョブ事業として初の取り組み。特徴は、短期間の労働力が必要なときにそれに合わせた働き手を確保できること。登録ワーカーが十分確保されているため、農家からの依頼にすぐ対応できる。求人依頼は、専用コンシェルジュが丁寧にヒアリング。人数や募集期間など、農家の希望に合わせて条件をインターネット上で公開するため、インターネットに不慣れな人でも安心して利用できる。求人募集の主なターゲットは学生だが、スキマ時間で助っ人ができるため、幅広い年代での利用を見込んでいる。

 今後、弘前市の事例をロールモデルに、「シェアジョブ農家さん相談支店」は岩手県・山形県・福島県など農家の多い地域への出展を予定。株式会社エントリーは、今後もサービスの提供を通じ、農家の人手不足を解消していきたいとしている。

ピックアップ記事

関連記事一覧