• HOME
  • 地方創生 , 食・伝統工芸
  • 一ノ蔵の中堅・若手社員による新プロジェクトから誕生!「一ノ蔵 吟のいろは 純米生原酒にごりさけ」が数量限定で発売中

一ノ蔵の中堅・若手社員による新プロジェクトから誕生!「一ノ蔵 吟のいろは 純米生原酒にごりさけ」が数量限定で発売中

 2022年12月13日、株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市)は「一ノ蔵 吟のいろは 純米生原酒にごりさけ」を数量限定で発売した。同社の中堅・若手社員による新プロジェクト企画「イチからはじめるイチノクラ」の第一弾として作られた日本酒で、日本名門酒会加盟店、宮城県内の酒販店や百貨店で購入することができる。

 「イチからはじめるイチノクラ」は、一ノ蔵の農業部門である一ノ蔵農社社員、蔵人、営業の中堅・若手が主体となり、米作りから酒造りを一貫して行った。原料となる酒米「吟のいろは」は、一ノ蔵農社の社員が中心となり、自社の田んぼで育てあげたもの。田植えや稲刈りには一ノ蔵農社の社員以外も参加したという。酒造りでは、2022年7月に南部杜氏資格を取得した製造部副杜氏を筆頭に、若手蔵人が主体となって、酒質設定の段階から取り組んだ。

 「一ノ蔵 吟のいろは 純米生原酒にごりさけ」は、生きたままの酵母が瓶詰めされるため、炭酸ガスの爽やかな発砲感が楽しめる。また香りは穏やかながら、旨味ある滑らかな口当たりに仕上がったという。

今後は第2弾、第3弾として作られた、2種類の発売を控える。原料米に蔵の花を使用した「一ノ蔵 山廃純米大吟醸生原酒 蔵の華」とトヨニシキを使用した「一ノ蔵 純米大吟醸生原酒 トヨニシキ」で、2023年2月14日に発売予定である。一ノ蔵では「若手のチャレンジにぜひご期待いただきたい」と話す。なお、お酒の裏ラベルに表示されるQRコードからは、米作りからお酒ができるまでのストーリー動画を見ることができるという。(12月発売商品:前編、2月発売商品:後編)

【商品情報】

商品名 一ノ蔵 吟のいろは 純米生原酒 にごりさけ
精米歩合 60%
アルコール分 17%
日本酒度 -3〜±0
税込希望小売価格 720ml 1,760円
要冷蔵
販売先 日本名門酒会加盟店、宮城県内の酒販店、百貨店など
  
【お問合せ】
株式会社一ノ蔵
〒987-1393 宮城県大崎市松山千石字大欅14番地
電話 0229-55-3322(代)
営業時間 平日9:00~17:00
URL https://ichinokura.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧