• HOME
  • IT・テクノロジー
  • 株式会社シンカと福島県・東邦銀行グループの東邦情報システム株式会社が、クラウドICT導入による中小企業の業務効率化促進を目的に協業開始 

株式会社シンカと福島県・東邦銀行グループの東邦情報システム株式会社が、クラウドICT導入による中小企業の業務効率化促進を目的に協業開始 

 顧客接点クラウド「カイクラ」の開発を行う株式会社シンカ(東京都新宿区)と、東邦銀行グループの東邦情報システム株式会社(福島県福島市)は地域活性化を目的とした協業開始を公表した。

 同サービスは固定電話の着信時にパソコンやタブレット、スマートフォンに顧客情報や対応履歴を表示し、社内で着信・顧客情報を共有することで、電話対応の負担を削減し業務効率化を促進する。また、どの社員でもコミュニケーションの経緯を把握した上での対応ができるため、顧客満足度の向上にも繋げることができる。SMS送信・管理機能、通話録音・テキスト化機能なども付属しており、顧客接点の強化も可能なサービスだ。

 2014年8月サービス開始以来、導入100業種・業態以上、1,500社、2,100拠点以上で利用されており、今回の協業により、現場が働きやすくなるITサービスを福島の中小企業へ広く知ってもらい、業務効率化・業績向上を促すことで福島県内の地域活性化を目指すとしている。

ピックアップ記事

関連記事一覧