• HOME
  • IT・テクノロジー
  • AIによる事務作業代行サービス「AI-OCRジジラ」を運営する株式会社アジラ 山形パナソニック株式会社と販売パートナー契約を発表

AIによる事務作業代行サービス「AI-OCRジジラ」を運営する株式会社アジラ 山形パナソニック株式会社と販売パートナー契約を発表

 「AI-OCRジジラ」を運営する株式会社アジラ(東京都町田市) は、山形パナソニック株式会社(山形県山形市)と販売パートナー契約を締結し協業を発表した。

 AI-OCRジジラとは、今まで人がおこなっていた事務作業をAIによって代行するサービス。人手が足りなくなる中、紙やデータで送られてくるPDFファイルを文字に書き起こす事務作業は手間がかかる。こういった人員のコストカットや業務効率向上を目指して開発された。

 また同サービス は、手書きの書類や帳票を読み取るだけでデータ化されるため簡単に扱えるのが特徴だ。経済産業省にも導入事例があり、今後も多くの導入が期待されている。今回の販売パートナー契約により、地方企業への普及を拡大していくことが狙いだ。

<AI-OCRジジラについては下記のサイトより>
https://jijill

ピックアップ記事

関連記事一覧