• HOME
  • 地方創生 , 食・伝統工芸
  • 福島県とビームスの共同プロジェクト「ふくしまものまっぷ」第21弾開催中!ビームスジャパンにてワイン販売など

福島県とビームスの共同プロジェクト「ふくしまものまっぷ」第21弾開催中!ビームスジャパンにてワイン販売など

 株式会社ビームス(東京都渋谷区)は、2020年7月15日(水)より「ふくしまものまっぷ」第21弾を開催することを発表した。これは、「ビームスジャパン」と福島県が共同で実施しているプロジェクト。福島県内に多数あるワイナリーから「ビームスジャパン」がセレクトした、福島で採れたフルーツを使ったワインを紹介する。

 「ふくしまものまっぷ」がスタートしたのは、2018年1月。「ビームスジャパン」と福島県が共同で、福島の「モノ・コト・ヒト」の魅力を紹介するプロジェクト。第21回となる今回は『ふくしまのワイン』と題し、福島県浜通り・中通り・会津にあるワイナリーから「ビームスジャパン」がセレクトした個性あふれるワインを紹介する。フルーツ王国とも呼ばれる福島県で育てられた、ぶどう・りんご・梨などを使ったワインがラインナップされている。

〈実施概要〉
開始日:2020年7月15日(水)~
実施店舗:ビームスジャパン1F(東京都新宿区新宿3-32-6)
営業時間:11時~20時
実施内容:
 ・BEAMS JAPANバイヤーが選ぶ「ふくしまのワイン」販売、PR
 ・「ふくしままっぷ」を描いた寄藤文平さんが表紙を描きおろしたパンフレットの配布
 ・県総合情報誌「ふくしままっぷ」(日本語版・英語版)の配布

ピックアップ記事

関連記事一覧