• HOME
  • 地方創生
  • 革新的なアイデアが福島を復興に導く!福島イノベーション・コースト構想「ビジネスアイデア事業化プログラム」参加者募集開始!

革新的なアイデアが福島を復興に導く!福島イノベーション・コースト構想「ビジネスアイデア事業化プログラム」参加者募集開始!

 株式会社クリーク・アンド・リバー(東京都港区)と株式会社ツクリエ(東京都千代田区)は 7 月 22 日、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島県福島市)が展開する「ビジネスアイデア事業化プログラム」への参加者募集を開始したことを発表した。募集は 8 月 11 日(火)まで。選考および採択は 9 月上旬を予定しているという。

 福島イノベーション・コースト構想推進機構は、2011 年に発生した東日本大震災と福島第一原発事故で甚大な被害を受けた福島県浜通り地区を始めとする「福島イノベ地域※」における、新たな産業基盤の構築を目指して設立された公益財団法人。同プログラムは、同機構が展開する福島イノベ地域から新たな技術やサービスを生み出すプレーヤーを増やすプロジェクト「Fukushima Tech Create」の一環。

同プログラムでは、採択者に対して次のような支援を行うとしている。

・事業化アイデアワークショップの実施
・専門家による伴走型個別メンタリングの実施
・ベンチャーキャピタルや大企業を交えたピッチイベントの開催

応募は次の条件を満たしている企業や法人が対象。採択上限は 30 件を予定しているという。

・福島イノベ地域にすでに立地している、もしくは福島イノベ地域で事業を興す予定の法人もしくは個人であること
・事業化予定のアイデアが廃炉、ロボット・ドローン、エネルギー・環境・リサイクル、農林水産業、医療関連、航空宇宙のいずれかであること

 同プログラムの運営主体である同社は、新たなビジネスアイデアを持っていて「福島の復興・再生に貢献したい」「福島で起業/新規事業をしたい」「福島のシーズや資源を利用したい」という想いを持つ方に、本プログラムを活用してもらいたいとしている。

※ 福島イノベ地域:いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村の 15 市町村

■「ビジネス事業化プログラム」ホームページ

https://seeds-commercialize.jp/

■「福島イノベーション・コースト構想推進事業」ホームページ
https://www.fipo.or.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧