• HOME
  • 地方創生
  • 2021年2月、仙台に「WeWork JR仙台イーストゲートビル」がオープン!多拠点分散オフィスの選択肢が拡大

2021年2月、仙台に「WeWork JR仙台イーストゲートビル」がオープン!多拠点分散オフィスの選択肢が拡大

 WeWork Japan合同会社(東京都港区)は、2021年2月に「WeWork JR仙台イーストゲートビル」をオープンすることを発表した。WeWork Japan合同会社にとって、初の東北進出となる。拠点となるのは、現在建設中の仙台駅直結オフィスビルである「JR仙台イーストゲートビル」の2階・3階フロア。合計で485デスクの設置を予定している。WeWorkにとって、東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡に加え7都市目のオープンとなる。

(建物外観イメージ)

 WeWork Japanは、これまでは首都圏を中心に中部・近畿・九州地方へ展開してきた。仙台市は東北地方の主要都市であり、今回の進出は多様化する働き方を支援する上で重要な意味を持っている。仙台駅直結という利便性の高さより、市内や東北地方の企業はもちろん、全国の企業が「東北地方のハブ拠点」として利用することを想定している。新プラン「We Passport」のメンバーは、2021年2月以降、仙台を含む国内最大7都市・30以上の拠点に自由にアクセスできる。

 仙台市は、先端IT技術を活用した新規事業創出支援や人材確保・育成に取り組んでおり、内閣府が促進する「スタートアップ・エコシステム拠点都市」の「推進拠点都市」に選定されている。WeWork Japanが創造する全国多種多様な業界とのコミュニケーションを通じ、多くのイノベーションが創出されることが期待されている。

 また、新型コロナウイルスの影響でテレワークが広まり、最近は多くの企業でオフィスのあり方が見直されている。全社員が同じオフィスに通う「一拠点集中型」から「多拠点分散型」のオフィス運用への移行が植えており、74%以上の経営者は地方移転や拠点増加に前向きな姿勢を示している。このような背景を受け、WeWork Japanでは多様な働き方の推進と「多拠点分散型」オフィスの実現を支援するとともに、仙台市が取り組むイノベーション・エコシステムの形成にも貢献していきたいとしている。

WeWork JR仙台イーストゲートビル
住所: 宮城県仙台市宮城野区榴岡1-1-1
フロア数: 2フロア(2-3階)
デスク数: 485デスク(予定)
アクセス: JR「仙台」駅 直結
https://weworkjpn.com/lp/jr-sendai-eastgate/01/

ピックアップ記事

関連記事一覧