• HOME
  • 起業支援・イベント
  • 東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019』 ITコンテスト部門は東北大学のチームfishersが最優秀賞!ゲーム部門はチーム「たくや」、GLS for Education部門は「Human Power」が最優秀賞に輝く!

東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019』 ITコンテスト部門は東北大学のチームfishersが最優秀賞!ゲーム部門はチーム「たくや」、GLS for Education部門は「Human Power」が最優秀賞に輝く!

集合写真1‐東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019』

集合写真2‐東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019』

仙台からネクストイノベーションを!東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!』

 ITテクノロジーを学ぶ学生を対象とした東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019(ダテアップス2019)』が2月23日、仙台市青葉区の仙台アエル多目的ホールで開催された。

 イベントはGlobal Lab SENDAI(GLS)と仙台市、仙台市アプリコンテストDA・TE・APPS!実行委員会の共催。ITコンテストとゲームコンテストの2つの部門にわかれており、ITコンテスト部門に出場した学生たちは、仙台市内のIT企業と協力をしながら、学生ならではの身近な課題を解決するアプリを開発。プレゼンでそれぞれのアイデアを競い合った。

ITコンテスト部門:最優秀賞に東北大学の学生チームfishersが開発した「Glip」

 プレゼンの結果、ITコンテスト部門の最優秀賞に選ばれたのは、東北大学のfishersが開発した「Glip」。Fishersメンバー4名のうち、3名は2年連続での最優秀賞。「Glip」はSNSを活用したグルメ探しサービスで、SNSで見かけた美味しそうな料理写真付きの書き込みから、お店の場所と名前を抽出してリストに登録してくれる。ネットでお店を探す手間を省くアイデアを思いついたfishersの木村さんが、仲間とともに開発につなげた。ビジネスとしてのポテンシャルと利便性が高く評価され、審査員から満場一致ですぐにでも使いたいとのコメントが寄せられた。

プレゼンの様子‐東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019』

例年以上にクオリティの高い作品が多かったゲームコンテスト

 ゲームコンテストでは、公募した作品から審査を通過した7チームがプレゼンバトルを行うゲーム部門と、ゲームを学ぶ専門学校からの4チームとフィンランドからの2チームが参加してアプリの売上金額で争うGLS for Educationの2部門が行われ、ゲーム部門では、道を作って光を導いていくパズルゲーム「COSMOS」を開発したチーム「たくや」が最優秀賞に、GLS for Education部門ではキューブを動かしてゴールを目指す3Dパズルゲーム「Nightmare Qube」を開発した「Human Power」が最優秀賞に輝いた。全体的にゲームのクオリティが上がっていることから、審査員が消費者視点ではなくビジネスとして価値があるか本気の審査をすると宣言し、「ゲームを通じて世の中に伝えたいことは何か」「ビジネスとしてのポテンシャルはどうなのか」といったフィードバックを行って、学生たちのさらなる飛躍に期待を寄せた。

質疑応答‐東北最大級のアプリコンテスト『DA・TE・APPS!2019』

原石となる学生が多い仙台!今後のポテンシャルに期待集まる

 イベントは、東北最大級の起業家の祭典「SENDAI for Startups 2019」の一環として行われ、今年で5回目の開催。GLSを運営するNTTドコモ東北支社と仙台市が一体となって取り組む。プレゼンに臨んだ学生チームは、NTTドコモのVC部門であるNTTドコモ・ベンチャーズなどの支援を受けて原石プランを磨きあげ、今回の発表にこぎつけた。GLSで学んだ学生が、仙台市内のゲーム企業に就職する例も出てきているという。イベントでは学生たちが開発したアプリを体験できるコーナーも用意され、そのクオリティの高さに驚いている来場者の姿も見られた。

『DA・TE・APPS!2019』イベント概要

■開催日
2019年2月23日(日)
■主催
Global Lab Sendai、仙台市 仙台アプリコンテストDA・TE・APPS!実行委員会
■協力
仙台ゲームコート
■トークセッション登壇者(敬称略)
〈ITコンテスト部門〉
モデレーター
佐藤将太
4Growth
パネリスト
三嶋順(アンデックス株式会社代表取締役)
千代田まどか(マイクロソフト株式会社 マイクロソフト・コーポレーション クラウド・ディベロッパー・アドボケイト)
南條融(楽天株式会社 ECビジネスエンパワーメント課シニアマネージャー)
古山隆幸(株式会社イトナブ代表取締役 兼 一般社団法人イトナブ石巻代表理事)
篠原敏也(株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ DOCOMO innovation Villager Manager、グローバルラボ仙台 元GM)
〈ゲームコンテスト部門〉
モデレーター
川口功(株式会社インフィニットループ)
パネリスト
松山洋(株式会社サイバーコネクトツー代表取締役)
大橋修(株式会社セガゲームス執行役員クリエイティブオフィサー)
根岸豊(株式会社コナミデジタルエンタテイメント プロダクト推進室プロジェクトマネジャー、アートディレクター)
澤田周(株式会社インフィニットループ執行役員 仙台支社長/仙台ゲームコート代表)
テーム ナルヒ(フィンガーソフトCEO)
■コンテスト出場チーム
〈ITコンテスト 課題解決型サービス部門〉
fishers(東北大学)
全脳アーキテクチャ若手の会 東北支部(東北大学)
nullpo(東北大学)
カロリー旅団(WEB×IoTメイカーズチャレンジ優勝者枠)
〈ゲームコンテスト ゲーム部門〉
paletter(WiZ専門学校 国際情報工科自動車大学校)
たくや(東北電子専門学校)
アソートファクトリー(東北電子専門学校)
落華(仙台高等専門学校)
コビロボ(WiZ専門学校 国際情報工科自動車大学校)
ヒューマンアカデミー(ヒューマンキャンパス高等学校)
だ~くねすどらぐ~ん(WiZ専門学校 国際情報工科自動車大学校)
〈ゲームコンテスト GLS for Education部門〉
Human Power(総合学園ヒューマンアカデミー仙台校)
日野組(専門学校デジタルアーツ仙台)
Brave Thief(専門学校デジタルアーツ仙台)
合同チーム(仙台コミュニケーションアート専門学校)
その他、オウル応用科学大学(フィンランド)から2チームが出場
■公式ウェブサイト
http://dateapps2019.strikingly.com/

ピックアップ記事

関連記事一覧