• HOME
  • 地方創生
  • 気仙沼市が地域の魅力あふれるPR動画を制作 YouTubeで公開中

気仙沼市が地域の魅力あふれるPR動画を制作 YouTubeで公開中

 宮城県気仙沼市と株式会社ポニーキャニオン(東京都港区)が、移住定住・観光の促進と企業誘致を目的としたプロモーション動画を制作し、YouTubeで公開している。

気仙沼市が地域の魅力あふれるPR動画を制作 YouTubeで公開中 写真

 公開中の動画は「移住定住・観光編」(ロングバージョン・ショートバージョン)と「企業誘致・起業創業編」で、東日本大震災からの復興が進む同市の豊富な地域資源や地域に生きる人々の温かみに焦点を当てた内容となっている。

 市民60人が撮影に参加した「移住定住・観光編」には、TBS「アンナチュラル」や日本テレビ「家を売るオンナの逆襲」などの出演で知られる俳優の鈴木裕樹が登場。本人役で同市を訪れた旅人を演じる。監督は三森すずこや関ジャニ∞など有名アーティストのMVを手掛ける井上強が務めた。

 「企業誘致・起業創業編」では、気仙沼を拠点とする企業で働く人々やUターンしてきた起業家などへのインタビューを行い、同市で働く魅力を紹介している。

 動画の音楽には、アメリカに移住した作曲家ドヴォルザークの「新世界より」第二楽章と同曲をモチーフとしたサウンドトラックを使用。「家路」として知られるメロディに、いつでも「こころの故郷」である気仙沼に帰ってきてほしいというメッセージが込められているという。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧