• HOME
  • 地方創生 , 食・伝統工芸
  • やまがたさくらんぼファームが農泊プラン「体“換”農泊」の募集を開始!気軽に農作業を楽しみ、繁忙期の農業に貢献

やまがたさくらんぼファームが農泊プラン「体“換”農泊」の募集を開始!気軽に農作業を楽しみ、繁忙期の農業に貢献

 王将果樹園を運営する株式会社やまがたさくらんぼファーム(山形県天童市)が、新たな農泊プラン「体“換”農泊」の募集を2020年4月1日(水)から公式ホームページで開始すると発表した。「体“換”農泊」の目的は、田舎暮らしを実感してもらい、さくらんぼの収穫期である5~6月の労働力を確保すること。宿泊者は農業体験した時間を宿泊料に充当できる。

 やまがたさくらんぼファームでは、「田舎暮らしを体験したい」という需要増加を受け、これまでも付近のビジネスホテルに宿泊してもらい農業支援ツアーを受け入れてきた。今回の「体“換”農泊」プランは、ツアー参加者の「より地域に深く関わりたい」「第二の故郷のような“繋がり”を感じたい」というニーズを受けて考案。さくらんぼの収穫期である5~6月を中心に労働力が不足してしまうという農業の課題とマッチングさせ企画された。参加者は、農泊をすることで果樹園をより身近に感じることができ、さらに地域の人々と交流することで本格的な農業体験ができる。

 「体“換”農泊」プランは、やまがたさくらんぼファームが後継者不足で離農した農家の自宅を買い取り、宿泊地に転用したことで実現した取り組み。山形をはじめとし、全国の農山漁村では担い手の減少により空き家が増え、コミュニティ維持が困難となり美しい景観が失われつつある。農業に関しては収穫期に必要な労働力を地域で確保することが難しく、大きな課題となっている。やまがたさくらんぼファームは、「体“換”農泊」により気軽に農作業を楽しむことで関係人口を増やし、農業現場の労働力不足を解消することで、より輝く農山漁村を目指すとしている。

■体験内容(例)
・果物の収穫
・果樹園の管理作業
・果物の箱詰め
・出荷作業
※時期、天候により変更あり

■スケジュール(自家用車で来園、1週間滞在の一例)
1日目:来園
2~3日目:8時~17時農業体験(昼休憩60分)
4日目:近隣観光
5日目:9時~17時農業体験(昼休憩60分)
6日目:宮城県観光
7日目:帰宅

■場所
山形県天童市「やまさくハウス」
※JR天童駅より車で約15分

■公式ホームページ
https://www.ohsyo.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧