• HOME
  • IT・テクノロジー
  • 生産者と消費者を繋ぐCtoCプラットフォーム 「ポケットマルシェ」が8.5億円の資金調達を実施

生産者と消費者を繋ぐCtoCプラットフォーム 「ポケットマルシェ」が8.5億円の資金調達を実施

 全国の農家や漁師などの生産者と消費者を直接繋ぐアプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(岩手県花巻市)は、株式会社丸井グループ(東京都中野区)、株式会社オレンジページ(東京都港区)等の計6社を引受先とする総額8.5億円の第三者割当増資を実施した。

 東日本大震災の現場で見られた「生産者と消費者のつながり」を日本中に広げるべく、2016年に始まったポケットマルシェ。生産者と消費者が直接やりとりをしながら農水産品を売買するなかで、売り手と買い手の関係を超えたつながりもこれまでに数多く生まれてきた。withコロナ時代が到来し、東日本大震災から10年が経とうとしている今、生産者と消費者が直接つながることの価値はより広く認知されつつある。昨年の資金調達時に約1,600名だった登録生産者数は約3,200名に、約40,000名だった登録ユーザ数は約210,000名にまで増加した。

今回、ポケットマルシェが掲げる「個と個をつなぐ」というミッション、そして「共助の社会を実現する」というビジョンに共感した6社より資金調達を受け、以下の取組みを推進していくという。

1. CtoCプラットフォームの拡充
サービスの利便性を高め、機能追加や機能改善をいち早く実現する。
2. 生産者サポートの強化
「ポケットマルシェが生産者の代わりに販売するのではなく、プラットフォーマーとして生産者自身の販売力を強化する」という方針のもと、生産者へのサポートに一層注力。
3. オンラインとオフラインの融合
生産者直送の食材を店頭で購入できる「ポケマルスタンド」や、マルシェのようなリアルな拠点を増やし、生産者と消費者の情緒的な接点を新たにデザインする。
4. 関係人口創出の促進
「関係人口」、すなわち「特定の地域に継続的に関わる人々」を増やすため、地方自治体との連携を強化。都市住民が生産現場に足を運び生産者とリアルな接点を持てるような施策も推進していく。

 引受先は新規株主4社(株式会社オレンジページ、ステージアップファンド投資事業有限責任組合、せとうち観光活性化投資事業有限責任組合、株式会社丸井グループ)、既存株主2社(小橋工業株式会社、PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合)の計6社となっている。

ピックアップ記事

関連記事一覧